債務整理で、解放されることがたくさん!ひとりで悩んでいませんか?

債務整理とは?

金融機関を利用することに何かでお金が必要になった場合でも申し込みをして審査に通過すればお金を借りることができますが、どれくらいの金額を借りることができるかという点については収入によって異なります。

たくさん収入があればそれだけ返済することができる能力も高いと見てもらうことができるので借りることができる金額は多くなりますが、収入があまりない場合は金融機関側も貸したところでお金が返ってくる見込みがないと見るので貸し出す金額は少なくします。

今は厳正に審査も行われるので借りたら管理さえしっかりしていれば返済することができるはずですが、生活環境の変化などによって収支のバランスが崩れることになると新規で借りることはできなくなってしまいます。

そうなった場合に債務整理という手段を用いることによって借金整理をすることができますが、債務整理には任意整理や特定調停、個人再生、自己破産などがあり、抱えている借金のレベルや収入に応じた適用される債務整理は異なります。

債務整理は借金を整理して借金問題を図ることができるものですが、借金を整理して帳消しにすることができるタイプもあれば、返済方法を見直して直接的には借金を減らさないで完済を目指すタイプがあります。

借りたお金を返すことができないというのは自己都合なので、自己破産のように借金を帳消しにする方法をメインで考えるのではなく任整整理などを最初に考えるのが基本的になります。

債務整理と多重債務

金融機関からお金を借りる場合に複数のところから借りた状態は多重債務の状態と言われますが、一カ所からお金を借りるよりも複数の金融機関から借りる方が支払う金利の総額は多いと言われています。

お金を借りる場合は多重債務にならないように注意を払う必要がありますが、だいたいの人はある金融機関からお金を借りていて返すことができなくなったので他の金融機関から新たに借りてそれを返済に充てることで借金する金融機関を増やすケースが多くなっています。

お金を借りる場合は借りた金額に対して毎月返済しないといけないお金がきちんと決まっていますが、単に借りたお金を返済すればいいという話しではなくお金を貸してくれた金融機関側の収入となる金利も考慮しなければなりません。

複数の金融機関からお金を借りるということはそれだけ毎月返済しなければならない金額が増えることにも繋がってきますが、それぞれの金融機関によって返済しないといけない日にちが異なっていることも多いので返済をついつい忘れてしまってペナルティを受けてさらに金利の支払いが増えることもあります。

こうなってくると自力で返済することが困難になってくるので債務整理などの力を借りて借金問題の解決を図る必要性が出てきますが、債務整理の中には収入が無くても借金整理することができるものもあります。

ただし、多重債務の場合はおまとめローンなどを利用することでも問題解決を図ることができる場合もあるので最終手段と考えることが大切です。

債務整理とブラックリスト

債務整理をすることによってブラックリストに名前が入ってしまいますが、ブラックリストというのは金融機関が共有する情報の一つになっていてブラックリストに名前が掲載されていると審査の時に影響が出てしまいお金を借りることができなくなる場合があります。

ブラックリストという仕組みが存在しているのは金融機関がお金を貸した時に返ってこなくなるリスクを低減させるためですが、過去に金融トラブルを起こしたことがある人は同じ過ちを繰り返してしまう傾向にあります。

金融トラブルの一つが債務整理ということでもありますが、債務整理は本来きちんと返すべきお金を返さないで困ったので助けて欲しいというものなので、金融機関側からすると損失でしかありません。


ブラックリストに名前が入ると新たにお金を借りることは難しくなりますが、どれくらいの期間にかけてブラックリストに名前が掲載されるかという点については債務整理の状況にもより、任意整理だとさほど長くはないものの、自己破産になってくるとかなりの期間にかけてブラックリストに名前が入ることになります。

債務整理をすることによってお金を借りることができなくなる可能性があるという話しにもなってきますが、お金を借りてしまうと返済しなければならないお金が存在するわけなので、最初から借りることができない環境に身を置くことによって借金をする必要がなくなります。

極端かもしれませんが、借りれないなら借りれない環境なりにどうにか生活は成り立つものです。